© 2020 智齡科技股份有限公司 (Jubo.health)

  • Facebook
  • LinkedIn
images_edited.png

データ、コミュニケーションを融合させる企業。

「智齡科技」のプロフィール

「智齡科技」では、台湾大学科技部が策定した計画により、ヘルスケア、社会福祉、工程情報等分野にわたる教授陣を招聘しました。最新テクノロジーを活用して、中華文化に最適な家族依存型の介護サービスをご提供いたします。2019年に行政院国発基金並びに達盈創投(ベンチャー企業)の資金投入により、事業を拡大して展開するうえで、ヘルスケア産業に係るテクノロジーの研究開発を一層推進してまいります。「データ、コミュニケーションを融合させる企業(Connect Data. Connect People)」を目指して、テクノロジーやデータ科学の活用によるヘルスケアの実現を図るとともに、暖かい人間関係を築くコミュニケーション能力を向上させようとします。これらは全て、当社のコア・バリューの土台となる概念です。

「智齡」が最も重視する項目:

  • ユーザーエクスペリエンスデザイン

ユーザーエクスペリエンスデザイナーおよび専門家が集い、ユーザーエクスペリエンスの核となる概念について議論し、それに対応した研究開発のやり方が求められています。商品の使いやすさを向上させるために、実証実験を繰り返し実施してまいります。

  • カスタマーサクセス

ツールを導入いただいている顧客の事業上の課題解決に向けて、最終的に成功に導くためのプロセスまで考えて、活用方法の提案を行い、上手く活用すれば意思決定のスピードを一気に上げることができます。

  • データ科学

データ取得・蓄積・管理手法をはじめとして、データマイニング、意思決定支援システムまで、現状分析や運営の改善等を図るためのデータ活用を行い、管理者をサポートいたします。

  • アカデミック

科学的証拠、学術研究倫理、国際交流等分野を重視する「智齡」では、アカデミック向け国際データ商品を中心に取り扱っております。

​企業領導

企業を率いるリーダー-康仕仲博士

共同創業者

2008年に、康仕仲博士が台湾大学の学生を率いて、双連安養センター(入居系介護施設)との産学連携プロジェクトを開始しました。高齢化社会を迎えた我が国においては、課題への対応が追い付かない状況にあります。そこで、「智齡聯盟」が設立され、各種人材育成を目的とした教職協働体制を構築します。更に長年の実務経験をいかして、2018年に「智齡科技公司」を設立しました。「智齡科技」では、工程情報、ユーザーエクスペリエンスデザイン、インダストリアルデザイン、データ科学、カスタマーサクセスなど、多くの分野にわたる人材育成を実施してきました。次世代ヘルスケア産業の創出(ケアテクノロジー&サービス)を目指して、ヘルスケア、社会福祉関係者などの専門家を招聘し、共同研究開発を行っております。

コンサルティング・専門家

楊培珊

台大社工系(社会福祉学科)の教授

廖珮宏

北護大学護資所(大学院情報管理研究科)の教授

莊嘉元

C2 Digital Inc. 責任者

賴宏誌

​台大智活策略長

投資家とパートナー企業

台北事務所

location.png

新北市新店区民権路100号8階の1

台南事務所

location.png

台南市仁徳区成功二街200号

フォームからのお問い合わせは、下記項目にご記入のうえ送信してください。